スタッフブログ

電話

メール

メニュー

スタッフブログ

2018/01/12 
【家のこと】
【家を買う際には必ず出てくる言葉】不動産登記の中でも一番使うであろう言葉、所有権とは?

 

先日、ブログでご紹介した「不動産登記」。

http://www.tukasa55.com/staff-blog/?p=2623

 

 

簡単な説明でしたが、ご理解いただけましたか?

 

 

この不動産登記にも様々な種類があるんです。

 

 

そこで今日は「所有権」というものをご紹介します。

 

 

 

誰が所有者か?

 

不動産登記でも説明しましたが、不動産登記は、

 

 

その不動産がどういったものか第三者が見ても明らかにわかるように法務局に登録されている不動産情報のことです。

 

 

その中で一番使うのが、「所有権」です。

 

 

所有権とは、

 

 

特定のものを自由に使用・収益・処分することのできる権利

 

 

です。

 

 

特定の不動産に対して、誰が所有権を持っているか(誰が自由に使用等できるか)を不動産登記した権利を、所有権と言います。

 

 

みなさんが、一戸建てやマンションを購入する際、最後に所有権登記が申請し、登記されると無事取引が終了することとなります。

 

 

なので、家を買う際には必ずこの所有権登記が出て来ます。

 

 

購入の時に諸費用を不動産屋さんから教えてもらうと思いますが

そこに乗っている登記費用。

 

 

この登記費用の中には必ず所有権登記に関する登記費用が入っています。

(登記の入れ方によって保存・移転など名前、そして費用は変わって来ます)

 

 

みなさん、ぜひ覚えておいてください。

 

 

鍵をもらって引っ越ししたら終わり!ではありません。

 

所有権が入ってこそ、自分のものだと公にわかるようになるのですよー!

 

 

 

 

—- KIZUNA HOME by 司不動産 —-

HPはこちら!
http://www.tukasa55.com/

フェイスブックはこちら!
https://www.facebook.com/tukasafudosan/

インスタグラムはこちら!
https://www.instagram.com/kizunahome/

CONTACT

KIZUNA HOME by 司不動産

分譲住宅から土地探し、こだわりの新築・注文住宅までお任せください!

Tel. 052-914-5555

メール・お電話でのお問い合わせはこちら

無料住宅見学・ご相談はこちら

PAGE TOP

PAGE TOP