スタッフブログ

電話

メール

メニュー

スタッフブログ

2019/04/11 
- 気になる住宅ニュース
不動産業界の黒船「OYO LIFE」について自分なりに分析したら、思ってたよりやばかった。

 

なんか

ふとお風呂に入っている時に

思いついたことなんですが

せっかくなんで

書きます。

誰向けに書いてるか

全く分かりませんが

備忘録として。

 

 

 

突然ですが

 

「OYO LIFE」

 

って知っていますか?

 

 

 

インドの会社なのですが

「不動産業界の黒船」と呼ばれていて

 

つい最近

日本で賃貸向けのサービスを

始めました。

 

 

これまでの不動産業と

何が違うかというと

「IT化」

です。

 

 

長らく不動産業界は

IT化が遅れていると

言われています。

 

 

なかなか日本企業がIT化しないので

いよいよ外資が入ってきたわけです。

 

 

 

画期的なのは

「手続きの簡略化」

です。

 

 

これまで

賃貸を借りる時には

契約など含め

引き渡しまで1週間以上(場合による)

時間がかかっていたところを

 

最短30分で終わらせることが

できるようになっています。

 

 

 

お客様もそうですし

結果として

業者側の負担も減らされています。

(手続きに関して)

 

 

 

 

正直私はこれまで

OYO LIFEについて

 

「手続きがこんなに簡略化されるのか。

すごいな」

 

くらいの

軽い感じで考えていたのですが

 

急に

 

「もしかしてこれ

かなり凄いインパクトのあること

なのでは?」

 

と思い始めました。

(なので人によっては

今さら気がついたんかい!

と思われる方も多いと思いますが。。。)

 

 

 

 

では今になって

何を思ったかというと

 

これまで物件を借りようとしたら

主な手順として

 

・ネットで部屋を探す

・店舗に出向いて部屋を探す

 

そして

いいなと思った物件があったら

 

・不動産会社の営業と話す

 

・現地へ行く

 

・実際に内見する

 

・借りることを決断する

 

・契約をする

 

・お金を振り込む

 

・他各種手続きをする

 

というように

様々な心理的ハードルというか

乗り越えなければならないストレス

あります。

 

 

今書いただけでも9個あります。

 

 

ここで

一つの仮説を立てると

 

ネットで部屋探しをして

いいなと思った部屋が見つかった時。

 

このタイミングが

「住みたい」と思うテンションの

最高潮である

という仮説。

 

 

この仮説に立つと

例えば

「営業マンと話す」

 

これがストレスになり

借りるのをやめたり

手続きに進む二の足を踏む可能性。

 

例えば

「不動産会社と日時の約束をして

現地へ赴く。」

 

雨が降ってるし今日はやめよ。

電車乗り換えて行くの

今日はめんどくさい。

 

ちょっと例えの理由が軽すぎますが笑

 

極端にいうと

こんな感じで

住みたいと思った最高潮のテンションから

徐々に下がっているのではないか。

 

 

それを妨げている様々な心理的ハードルを

なくせば

まるでアマゾンで買い物をするように

すぐに借りたくなるのではないか

という仮説です。

 

 

 

 

例えば

アマゾンで本を買う場合でいうと

アマゾンがなければ

 

・電車に乗る

・車を運転する

・本屋へ行く

・本屋で探す

・お金を払う

・家へ帰る

 

これだけの行動があり

その間にも

様々な細かな動きをするわけです。

 

 

こういった行動をなくすことで

より積極的に買い物をするようになっているはずです。

 

 

 

つまり

 

「手続きが1日で終わるから楽ですよ!」

という利用者への触れ込みより

 

手続きが30分で終わるから

借りられやすくなる

 

という事業者の目線が重要なポイントではないか

ということです。

 

 

 

これなんていうかわかりませんが

行動経済学やら

なんかの学問でありそう。

 

 

有名なところでいうと

フェイスブックや

インスタグラムは

 

「いいね」が押されることで

さらに更新をしたくなるという

カジノと同じ脳の快感を得るように

設計されていると言われています。

 

 

ウーバーの運転手も

ゲーム感覚でできるよう

どんどん運転したくなるよう

心理を利用した設計になっていると

言われています。

 

 

 

「利用者が便利になる」

というのもそうですが

事業者目線で

「利用者をいかに動かすか」

という設計になっていると考えると

 

OYOの言う

IT化による手続きの簡略化って

 

凄いインパクトかもしれません。

 

 

 

 

私が考えていることが合っていれば

 

将来的に

それも近いうちに

間違いなく

 

購入と賃貸の差が曖昧

 

になっていくと思われます。

 

 

 

どういうことかと言うと

ネットで簡単に

賃貸物件を申し込んで住める

分譲物件を購入できて住める

となると

 

「どっちにしようかなー

買っとこうかなー

ぽち」

 

みたいな

決断を軽くさせ

 

賃貸だろうが

購入だろうが

毎月住宅費を支払うだけ

くらいのノリに感じる人たちも

たくさん出てくるのでは

と言う考えです。

 

 

もちろん

所有と賃貸の

登記の話など性質の違いは残りますが

住み手の感覚はとても曖昧になって行くような

気がします。

 

 

 

それが

「いいこと」なのか

「悪いこと」なのかは

よくわかりませんが

 

今日現在の私は

「いいこと」

という考え方です。

 

 

 

 

 

 

やっぱり

テクノロジーって

エグいかも。

 

 

 

 

 

 

-- 当社の家づくりについて --

HPはこちら!
http://www.tukasa55.com/

分譲住宅についてはこちら!

http://www.tukasa55.com/line-up/

カジ楽についてはこちら!

http://www.tukasa55.com/concept/

インスタグラムはこちら!
https://www.instagram.com/kizunahome/

CONTACT

KIZUNA HOME by 司不動産

分譲住宅から土地探し、こだわりの新築・注文住宅までお任せください!

Tel. 052-914-5555

メール・お電話でのお問い合わせはこちら

無料住宅見学・ご相談はこちら

PAGE TOP

PAGE TOP