スタッフブログ

電話

メール

メニュー

スタッフブログ

2018/04/15
「元利金等」「元金均等」支払い方法の違い

 

とあるお客様からいただいた質問です。

 

住宅ローンについてお話していたのですが、

 

「元利金等」と「元金均等」ってなんですか?

 

という質問です。

 

 

たしかに、この元利金等・元金均等は最初は分かりにくい話です。

 

これに金利タイプの話も組み合わさると、なかなか複雑。。。

 

 

 

簡単に説明します。

 

こちらの図は、元利金等と元金均等を表した図です。

フラット35HPより

 

【元金均等】

毎月支払う元金が一定となる支払い方。

例えば1000万円を35年で借入する場合は、この元金1000万円が35年間、均等になっています。

元金に対して利息額が決定しますので、元金の多い最初が支払利息が多く、結果として毎月の返済額も多くなります。

元金が減っていく終盤は、利息額も減りますので、毎月返済額も少なくなります。

 

【元利金等】

元金と利息の合計額、つまり毎月の返済額が返済期間中一定の支払額です。

元金均等と比較すると、当初の毎月返済額は少なくなり、終盤の毎月返済額は高くなります。

 

 

 

では、

結局、どっちの方が支払額が多いの?少ないの?

という質問ですが、

 

 

総支払額は、元金均等の方が少ないです。

 

 

ただし、当初の支払額は元金均等の方が多いので、支払が大変とのことで、ほとんどの方が元利金等をご選択されています。

 

 

以上の情報を鑑みて、ご選択いただく形になります。

 

 

 

 

なお、元金均等は取り扱いのある金融機関と、取り扱いの無い金融機関がありますので、ご注意下さい。

 

CONTACT

KIZUNA HOME by 司不動産

分譲住宅から土地探し、こだわりの新築・注文住宅までお任せください!

Tel. 052-914-5555

「頼りになるね♪」って 言われたい!

無料住宅見学・ご相談はこちら

PAGE TOP

PAGE TOP